国内クレジット

国内クレジット制度は、中小企業や自治体等のCO2削減を削減する設備を導入した場合に、その設備導入に伴うCO2削減量を、国が排出権(国内クレジット)として認証し、国や大企業等に売却できる制度です。

中小企業等におけるCO2の排出削減の設備投資を促進することを目的として、経済産業省が主体的に制度運営し、2008年4月1日から開始されました。

国内クレジットの特徴

  1. 国産の排出権(従来は海外に流出していた排出権の購入資金が国内で環流)
  2. 日本国内の中小企業の地球温暖化対策事業を促進
  3. 国内メーカーの省エネ・環境技術を活用した地球温暖化対策事業を促進
  4. 審査機関や経済産業省の委員会による審査を経た価値の高いクレジット
  5. 一定以上の削減努力を行う事業に対してのみ発行されるクレジット

株式会社FTカーボンの国内クレジット制度申請支援

株式会社FTカーボン [地図»
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー31階

TEL:03-6695-0089 FAX:03-6721-5506 

グループ会社 日本テピア
グループ会社 日本テピア

TOPICS

  • TOP
  • email
  • pagetop