J-クレジット制度の申請支援

弊社は、中小企業様の地球温暖化対策の取り組みをJ-クレジットとして申請するサポートを行っております。また、J-クレジット制度のプロジェクト計画書における「J-クレジット保有者(一次購入者)」として、J-クレジットを一次購入しております。

弊社のこれまでの申請支援件数は約220件です。

さまざまなCO2削減技術(方法論)の申請のサポートを行っています。

ご遠慮なくお問い合わせください。

申請支援件数の多い削減技術(方法論)

 (1)ボイラー

  • 都市ガス、木質バイオマス、鶏糞を燃料とするボイラーとなります。
  • 特に、木質バイオマスを燃料とするボイラーの申請支援件数が多いです。

 (2)太陽光発電

  • 家庭や事業所における自家消費型の太陽光発電となります。
  • 「自家消費型」はCO2削減量が小さい場合が多いですが、弊社を運営・管理者とする「プログラム型プロジェクト」を組成し、経済効率的な(CO2削減量1tあたりの申請手続き費用が小さい)申請に取り組んでいます。

 (3)木質バイオマス利用

  • 木質バイオマスを燃料とする「蒸気ボイラー、温水ボイラー、ストーブ」となります。
  • 木質バイオマス利用は、CO2削減量の算定方法が複雑ですが、これまでのノウハウを生かして、申請事業者の負担が少ない申請に取り組んでいます。

プログラム型プロジェクトの取り組み

弊社では、申請コストの軽減を図るため、弊社を運営・管理者とする「プログラム型プロジェクト」の組成を進めております。プログラム型プロジェクトは、同一方法論など属性が同じプロジェクト実施者をグループ化して、単一のプロジェクト計画書で申請する方法です。

 (1)BSBJC(木質バイオマス蒸気ボイラーJ-クレジットグループ)

  • 製材所における木質バイオマス蒸気ボイラーを対象としています。

 (2)PSJC(太陽光発電J-クレジットグループ) ※計画申請中

  • 事業所における自家消費型太陽光発電を対象としています。

株式会社FTカーボン [地図»
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27階

TEL:03-5404-8910

  • TOP
  • email
  • pagetop